2011年3月11日に起こった福島第一原子力発電所事故、東日本大震災及び津波によるの被害を今なお受け続けている子供達の肖像画です。
子供たちの描いた絵、言葉の中にイギリス人画家ジェフ・リードが子供たちの希望に応じて肖像画を描き入れました。

2011-09-02

Using the roped off swing, Fukushima

ブランコに乗って外で元気に遊びたいなあって思った。ブランコに乗るのは楽しいから好きだけど、今は外で遊べないから、ブランコの絵を描いた。ブランコに乗ると、風景がいつもと違ってキレイに見えるよ。

Hanako is 6 years old and lives in Fukushima City, Fukushima. She felt very intensely about her picture and was very upset when she thought she had run out of time to finish it. Her friend helped her to finish it later.




Hanako's mother wrote these words (Japanese below):

"I live in Fukushima with my husband, 6 year old daughter and 1 year old son. The earthquake on March 11 caused the Fukushima nuclear power plant accident and high levels of radiation have been leaking since then. We can still detect cesium in many areas around Fukushima.

Every morning, when my children leave home for school, I remind them to carry tissues, a handkerchief and a face mask. In the nursery school yard there are lots of sunflowers*. And there is a rope barrier around the climbing frames and slide to prevent the children playing with them.

Our family have decided to keep living in Fukushima even under these conditions. When people say "All mothers in Fukushima, be brave and evacuate from there!" I feel pain.  I just cannot make that decision because I read about Fukushima residents who evacuated to somewhere else and the children got bullied by local children. Also,
I can't help being concerned about work, money, and the stress that might be  caused by starting life in completely new place as a stranger.

However, there is a good side to remaining in Fukushima too.
I received 2 dozen bottles of water with the message "Please use it to make milk for your baby."  I also had a chance to meet people who really care about children in Fukushima. I am touched by the warm-heartedness of many people.

We all have no idea how Fukushima children’s health will be in the future. However, Fukushima children have infinite possibilities. We all believe that. My wish is that we adults lead children towards a great future shining with hope.

*grown to try and remove radiation from soil

今、私は福島市に住んでいます。
主人と6歳の女の子、1歳の男の子と住んでいます。
3月11日の地震で、福島原発から高い放射能が漏れ、
いまだに福島市の多くの土地からセシュウムが検出されています。

朝、子どもが小学校に出かける時、
「ハンカチ、ティッシュ、マスク、持った〜」と言って送り出します。
保育所の庭では、ジャングルジム、滑り台にロープが張ってあり、
たくさんのヒマワリが咲いています。

我が家は、避難する事なく福島市に住み続ける事に決めました。
「福島のお母さん、勇気をだして避難して」と言われると
苦しくなります。
転校をした学校でいじめにあった記事を読んだり、
仕事の事、お金の事、新しい土地でのストレスを考えると、
どうしても...

でも、悪い事ばかりではありません。
「赤ちゃんのミルクに使ってね。」と2ダースの水が届いたり、
福島の子どもたちの事を真剣に考えてくれる人たちと出会えたり、
人の温かさに触れる事ができました。

これから、福島の子どもたちの健康がどうなるかは誰もわかりません。
けれども、福島の子どもたちの可能性は無限です。
それはみんな、わかっています。
子どもたちの未来がキラキラと輝けるものとなるように
私たち大人が導いていけたらと思っています。


No comments:

Post a Comment