2011年3月11日に起こった福島第一原子力発電所事故、東日本大震災及び津波によるの被害を今なお受け続けている子供達の肖像画です。
子供たちの描いた絵、言葉の中にイギリス人画家ジェフ・リードが子供たちの希望に応じて肖像画を描き入れました。

2011-07-01

In memory of a much loved baby 愛された子供を追悼して

福島から避難した母親の言葉

福島県楢葉町はありふれた田舎の町です。
人よりも木々が多い。
秋には山々が紅葉し、冬には葉を落とす。
春の淡い若葉、夏の潮風。
東北の海の色は少し暗い。
子どもの数は少なくて、元気なじぃじゃばぁばがいっぱいいます。


そこを地震が襲いました。
地震は津波をよんで、津波は原子力発電所を襲い、
大きな災厄をもたらしました。
自然を予測することは難しい。
千年に一度の出来事だったのです。
誰かを責めるより、今は頑張ってくれている人を応援したい。
そして、いつかありふれた故郷に戻りたい。
私達の悲しみが未来の糧となりますように。
この出来事が子ども達の未来を、よりよくしていくきっかけに
なればいいと思っています。



*******************

この母親が住んでいたのは福島第一原発から数キロの地点。現在は東京の赤坂プリンスホテルに避難している。彼女は私に地震前に肺の病気で亡くなった赤ちゃんの絵を描いてくれないかと依頼してきた。赤ちゃんは生涯をずっと病院で過ごしたので、医療器具が装着された写真しか存在しないのだと言う。彼女は携帯電話に記録された小さな画面を見せてくれた。私は彼女に「この赤ちゃんを抱っこしている写真はありますか?」と聞いて、そのような一枚を描きましょうと提案した。彼女は、温かく愛情を感じるからと暖色を選び、その色を使って私は母子の肖像を描いた。亡くなった直後に撮られた写真の赤ちゃんは目をつぶっていたが、絵の中では目を開き、その小さな手でお母さんと手を握っている。

Written by the mother above who evacuated from Fukushima:

Naraha-cho in Fukushima prefecture is just an ordinary local town.
There are more trees than people.
In autumn the mountains change colour, in winter the leaves fall.
In spring young delicately coloured leaves come, in summer the sea breeze.
The colour of Tohoku’s ocean is a little dark.
There are only a few children, though there are many energetic elderly men and women.

This is where the earthquake attacked.
The earthquake caused the tsunami, and the tsunami attacked the nuclear power plant.
The result was an overwhelming disaster.
It is so very difficult to predict nature.
It was a once in a thousand years incident.
I don’t want to accuse anyone, but I do want to support people who are giving everything for us
Someday I want to go back to that ordinary local place.
I hope that our sadness will nourish the future.
I hope what has happened will be become a chance to start making a better future for our children.

About the drawing
This mother was compulsorily evacuated from a few kilometres away from Fukushima Daichi and was staying in emergency acommodation at the Akusaka Prince Hotel in Tokyo. She asked if I could draw a nice picture of her small baby who had died of lung complications before the disaster. They only had pictures with medical equipment. She showed me a small mobile phone picture. I asked if she had any nice pictures of her holding the baby, and suggested that we make one. She chose colours that she felt had a warm loving feeling. I opened the baby's eyes and drew them holding hands.

No comments:

Post a Comment