2011年3月11日に起こった福島第一原子力発電所事故、東日本大震災及び津波によるの被害を今なお受け続けている子供達の肖像画です。
子供たちの描いた絵、言葉の中にイギリス人画家ジェフ・リードが子供たちの希望に応じて肖像画を描き入れました。

2011-12-11

Hundreds of happinesses: Fukushima evacuee child たくさんの幸せ:福島から避難する子ども

モモちゃんは3歳。彼女は自分で色を選び、夢中で絵を描いた後で、私が描いた彼女の肖像画の横に字とおぼしきものをたくさん書き加えてくれた。その朝、モモちゃんの髪は母親の手によって美しく編み込まれていた。
Momo is 3. She chose the colours, drew her picture intently and did pretend writing on it afterwards. Her hair had been beautifully plaited by her mother that morning.

彼女の置かれた状況:
モモちゃんは福島第一原発から33キロ離れたいわき市に住んでいた。2011年3月11日に地震、津波そして原発事故の被害を受けた場所である。震災後、彼女は家族と共に自主避難した。彼女は現在、母親とお姉さんと3人で東京のアパートに住んでいる。モモちゃんとお姉さんは、同じアパートに住むいわき市からの家族らとすっかり仲良しになった。 
Her situation: 
Momo was living in Iwaki, 33km south of Fukushima Daichi at the time of the earthquake, tsunami, and nuclear disaster. Her family self-evacuated to Tokyo. She now lives in an apartment in Tokyo with her big sister Waka and her mother. She and her sister are great friends with another family from Iwaki who live in the same apartment building.

母親からの言葉:
モモはいつも頼りになるお姉さんの影になってしまっているけど、おしゃまな頑張り屋さん。モモの名前の最初の文字は「百」。私達は百回どころか数えきれないほどの幸せを彼女からもらっている。私達のモモ、いつも応援しているからね。
Momo's mother wrote:
"Momo is in the shadow of her big sister, who often helps her out. She’s a bit precocious and very determined. Her first Kanji (Mo) means “one hundred”, and she brings us happiness not once, but hundreds of times. We’re always supportive of our Momo, too."

No comments:

Post a Comment