2011年3月11日に起こった福島第一原子力発電所事故、東日本大震災及び津波によるの被害を今なお受け続けている子供達の肖像画です。
子供たちの描いた絵、言葉の中にイギリス人画家ジェフ・リードが子供たちの希望に応じて肖像画を描き入れました。

2011-08-17

Fukushima Daichi monsters

福島第一モンスター
ハルカは福島県郡山市在住の12歳の女の子。 彼女の絵からは、彼女がただ外で遊びたいことが見て取れる。 しかし福島第一原子力発電所のモンスターが彼女の思いを脅かしている。

彼女の置かれた状況
郡山市で検出された放射線レベルは非常に高く、学校のグラウンドの土を除去したとはいえ、ほとんどの親や学校は子供を外で遊ばせていない。子供達は外出時に長袖にマスク着用し、雨を避けている。そして食べ物や飲料水にも注意を払っている。郡山市は人口34万人、福島第一原発から60km西に位置している。

Haruka is 12 and lives in Koriyama, Fukushima. Her drawing shows her wishing she could just play, but she is menaced by monsters in the shape of the Fukushima Daichi nuclear plant.

Her situation
The levels of radiation in Koriyama are so high that most parents and schools are not allowing children to play outside at all, even though soil has been removed from many school grounds. They wear long sleeves and face masks when outside, and avoid the rain. They try to be careful about food and water. Koriyama is a city of 340,000 people 60km west of Fukushima Daiichi.

2 comments:

  1. I appreciate very very much this blog. So expressive, so sensitive...

    ReplyDelete
  2. Dear Mimisan, thank you for your reaction. It means a lot to the children that people are looking at their pictures.

    ReplyDelete