2011年3月11日に起こった福島第一原子力発電所事故、東日本大震災及び津波によるの被害を今なお受け続けている子供達の肖像画です。
子供たちの描いた絵、言葉の中にイギリス人画家ジェフ・リードが子供たちの希望に応じて肖像画を描き入れました。

2011-08-17

Leaping with a dolphin under a red cloud いるかに乗って赤い雲の下を跳ねる

タイキくんは福島県いわき市に住む5歳。彼はこの絵を描く際、長い間じっと集中してデザインを練っていた。

彼の置かれた状況
タイキくんのご両親は、すぐにでもどこか放射能の危険が少ない場所へ引っ越したいと考えている。彼らの居住地域で検出された放射線レベルは非常に高く、多くの親や学校は子供を外で遊ばせていない。外出時には長袖とマスクを着用し、雨を避けている。そして食べ物や飲料水にも注意を払っている。

Taiki is 5 and lives in Iwaki, Fukushima. He concentrated for a long time to design and paint his picture.

His situation
His parents hope they can leave for somewhere with low radiation soon. The levels of radiation are so high that some parents and schools are not allowing children to play outside at all. They usually wear long sleeves and face masks when outside, and avoid the rain. They try to be careful about food and water.

No comments:

Post a Comment